2015年08月17日

“彼ら”との仁義なき戦い☆ 〜2015〜



今年も委員会が発足しました







(゜Д゜) < は?






対策委員会です






(゜Д゜) < 何の?






“ 彼ら ”に対する





(゜Д゜) < 彼ら?




そう!









台所に潜む、真夏の夜の黒い悪魔───・・・・!!











「 いぎゃあぁあああぁあぁあああ!!! 」







===========================
こんにちはexclamation×2おかピーです(^ω^)

またまた久しぶりの更新となってしまい申し訳ありませんもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


そしてお盆明け1発目の記事がこんな内容ですみません・・・



毎年夏になると岡田家に襲来する、“ 台所の黒い悪魔 ”
察しがついて思わずゾッとしてしまった方は今回は読み飛ばして下さ〜いexclamation×2ヽ(;`Д´)ノ





===========================
6月上旬。
思い返せば、あの時よりもっともっと早くに対策に乗り出すべきだったのだ。


私:「 今年も対策委員会を発足します(゜∀゜)私委員長ね。アナタ副委員長(゜∀゜) 」


妹:「 (゜Д゜) 」


:「 委員長の私が対策グッズの購入および設置場所の指示をするので、副委員長のアナタは昨年設置したグッズの除去、そして今年の分の再設置をお願いいたします(゜∀゜) 」


妹:「 は!?ヤダし!私委員長ね!!(;`Д´)ノ 」


私:「 いやいや私が委員長よ!ヽ(;`Д´)ノ 」


「 私!私!(;`Д´)ノヽ(`Д´;)」





・・・・・なんて内輪もめをしているあいだに、彼らは着実に岡田家を侵食し始めていた────・・・

===========================





6月のある夜。

部屋を出て廊下に出た私。

眠気でうつろになっていた視線を何気なく前に移す。

その時。




廊下の先に──────・・・・・・・ 

“ 彼 ”はいた。











「 ──────ッッッッッ!!!! 」



眠気なんぞというものは一瞬にして飛び、全身の毛穴という毛穴まで開くような衝撃が走る。







私と一直線上にいる“ 彼 ”。




“ 彼 ”は、驚くべき速さでこちらに突進してきたのだ────・・・・








「 いぎゃあぁあああぁあぁあああ!!! 」






断末魔のような私の声を聞きつけ、どうしたどうしたと駆けてきた姉、そして妹!



私:「 ちょっとッッ!!ホイホイ!!ホイホイどこだっけ!!??それと冷凍スプレー!!! 」



妹:「 今から仕掛けても遅くない!!?(゜Д゜;) 」



私:「 大丈夫!!間抜けなヤツなら今からでも引っかかるからッッ!! 」





─────ちなみに余談だが、私は自ら『 ホイホイの亜矢子 』と自負するほどホイホイを組み立てるスピードも手際も良い。
おそらく、「ホイホイ組み立て選手権」なるものが存在していたら間違いなく全国王者として君臨するだろう。(←存在するわけがない)



そんなこんなで私たちが騒然としている最中、現場をさらなる混乱へと突き落す厄介な人物が登場してしまった。







────・・・そう、お風呂上がりの父である。





父:「 なんだなんだどうした(゜∀゜) 」



私:「 ちょっとおと──さんっっっ!!絶対ハエ叩きはやめてよッッッ!!! 」



私や妹が、ホイホイや置き型エサ、スプレーなどあれこれと変化球を繰り出すのに対し、
父はハエ叩き一択、いつでも直球勝負だ。





父:「 なにい、どこにおるや(゜Д゜) 」



私・妹:「 ばっ、ちょっとぉお────!!!そっちは開けないでよッッッッ!!! 」










────こんなことがあっていいのだろうか?



父は、あろうことか私と妹の寝る部屋に通ずる引き戸を開けてしまったのだ。





壁つたいに、一直線に部屋へと滑り込む“ 彼 ”!!!







私・妹:「 もおおおおお何やってんの〜〜〜〜〜ッッッ!!??? 」








さすがに責任を感じたのか、

いや、部屋に入ってったかなあ・・・ 」などと言いつつも部屋の中をあちこち探索した父。



その結果、



なんと去年部屋の隅に仕掛けて念のためにそのままにしておいたホイホイに引っかかってることが判明しました(゜∀゜)どんっ(衝撃)



それを発見した父がなぜかドヤ顔で「 ここにいた(゜∀゜)ドヤァ 」なんて言っていましたが それ仕掛けたの私だしそもそも部屋に招き入れたのお父さんだよ! と思いつつ・・・・





なんとか無事犯人確保できてよかった〜〜〜・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今回はその行動に驚かされたものの、さほどの知能犯ではなかったようですもうやだ〜(悲しい顔)


===========================



というのが、6月の話目

いやいや、お盆明け早々こんな記事をアツく書いてしまってすみません・・・ふらふらあせあせ(飛び散る汗)



この事件の後速やかに設置された置き型タイプのエサのおかげで、それ以来“ 彼ら ”は姿を消し、平穏が戻ってきたかに思えた岡田家。





が!一昨日、 トイレでまだ小さい“ 彼 ”と遭遇してしまったのですがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)






“ 危険因子─────・・・!!!”






まさかこの岡田家で生まれ育った第2世じゃあるまいな?と戦慄した私がく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)



まだまだ私は 岡田家のGメン(←うまい)として一戦に立たなければならないようですもうやだ〜(悲しい顔)



夏も終わりですが、暑さは9月まで続くかと思いますのでみなさまのお家もご用心です───・・・exclamation×2(;´Д`)ノダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

posted by 味ここ at 18:00 | Comment(2) | 店長おかピー
この記事へのコメント
I'm back.

(↑彼らの言葉)


またどっかの有名な映画のセリフの
ような感じになってしまった。


うちも、今年はじめて
彼が出現した。

テレビを普通に見てると
なんか視界の隅で何かが動いた。

まさかと思って目をやると、
Σ┌( ┐*_ロ_)┐ギャ〜!

なして、なして、うちに・・・

だってうちは、マンションやのに・・・

しかも、この5年間全く姿を見せたこともなかったのに・・・

てっきり安心しきっていた。

おかピー家の彼らを完全に他人事として
楽しんでいた我が身に呪いがかけられた
のか、それともマンション対応型の新種の出現か。

しかし、うちは、ホイホイもスプレーも
まして、ハエたたきなどない。
ハエなどはこの20年くらい見た記憶がないし・・。

ま、あったところで、ハエたたきは絶対に使わないが・・。

壁に彼らの生きた証しを残すような、
そんな恐ろしいマネはできない。

というわけで、
見なかったことにした。


気になって眠れないかとも思った。
夢に彼らが出てくるかもとも思った。

しかし、対処する勇気がなかったのだ。

再度出てきたら、そのときはそのときと
思って、あきらめた。

人間、得手不得手というものがあるし、
触らぬ彼らに祟りなしとも言うし・・・。


それはそうと、おかピーのお母さんは
素手でつかむ猛者ではなかったっけ?
Posted by 細江 晋士郎 at 2015年08月26日 14:56
>細江様
コメントありがとうございます♪

ついに細江様のお宅でも…!><
マンションにも出るんですよね、いまどき。

ハエ叩きは本当に無理ですよね(泣)
ネットスタッフの大橋さん曰く、虫取り網で捕まえちゃうのがいいそうなので早速買おうと思っているところなんです(`ω´)

一度堤を切られてしまうと(?)、毎年出てくる可能性が高いのでくれぐれもお気を付け下さいませ…!(´Д`;)

家の母、ガムテープでつかまえようとするんですよ…(汗)
父とは違って、どこでも構わずそうするわけではないのでまだ良いんですが、どのみち「猛者」の部類ですよね…;
Posted by おかピー at 2015年08月28日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。